悪夢朱い塚-あかいつか-

投稿者:黒い恋人さん


こんな夢をみました。

友達となぜか山にカブト虫を捕まえにことになり、車でどこかの山に着きました。

友達は誰かわかりません。夢の中では友達でした。

山でしたが木の少ない、まるでどこか畑のような場所を歩いていました。

友達は目的地への道を間違えたようでした。

しばらく歩くとこんな看板が

「シユウチ タチイリキンシ」

白い看板に赤文字でこう書いてありました。

知らぬ間にどこかの私有地に入り込んだのかと。そういえば車を降りたときに

門のようなものを見たような…と思って歩いていると…

目の前に十数年くらい放置されているだろう、廃墟が現れました。

もう窓枠もない、木造の廃墟は家財道具も残されず、野ざらしになったようで不気味でした。

ふと、振り返るとそこに男の子と女の子がいました。

うつむき加減な二人は顔の表情がわかりません。

男の子は丸坊主にシャツ・短パン。女の子はおかっぱ頭にスカート。

二人は手をつないでいたかどうか…そんな気がします。

友達の一人が「幽霊だ!」と騒ぎ出し、自分らは車の方へ走り出しました。

なんと二人はついてきていました。

歩いているように見えましたが走っている自分らとは距離が離れないのです。

それどころかだんだん近づいてきます。

なんとか車が見えた頃、振り返ると二人はいませんでした。

車の方を見直すと、今度は車の隣に二人は立っていました。

女の子は「クックック」と笑っているように見えました。



ここで目が覚めました。



   



悪夢朱い塚-あかいつか-