悪夢朱い塚-あかいつか-

投稿者:コロナさん

私は炎天下の中何故か公園にいました。

何でこんな所にいるのかさっぱり分かりません。

「そういえばここは一体何処!?」

現在地が公園だと言うのは分かるけど何かが違うのです。

遊具の位置も、周りの建物も、特に変わった所は無いのに違和感を感じるのです。

とりあえず落ち着こうと思い、ベンチに座り携帯を取り出した時に嫌な気配を背後に感じたので、

ベンチから離れてみると、髪の長い男がいました。

こちらを見て薄気味悪く笑っています。

ソイツが私を狙ってる分かりました。

私をさらうのか、その場で殺すのかは分かりませんが、どちらににしても危険なのは確かです。

怖いので逃げようすると、もうすぐ後ろに迫っています。

そして私の努力も虚しく私はソイツに捕まりました。

ソイツは私を取り押さえると、私に抱き付いてきました。

私は怖いけど「キモいんだよ!!離れろ暑苦しい!!」と罵声を浴びせました。

ソイツはニヤついてます。

怖くて私は泣きそうですが、抵抗します。

しかし、大の大人に子供が敵う筈も無く、押さえ付けられます。

やられると思った時に、携帯が手元に有るのを思い出し、男の腕を振り払い、

私は助けを呼ぼうとします。

でも携帯を奪われ目の前で、へし折られて、いよいよ止めを刺さそうか、連れ去ろうしています。

まだいくつか予想出来ますが考えただけでゾッとします。

もう怖いんだか、何なのか、泣きながら

「お前のせいで携帯つぶれただろ!!ヘラヘラ笑いやがって、ふざけんな!!」

と叫ぶと目が覚めました。

しばらくは公園の近くを通りたくありません。


   



悪夢朱い塚-あかいつか-