悪夢朱い塚-あかいつか-

投稿者:大西湧大さん

私は、誰かに追いかけられていました。

振り向くとそれは、鎌を持った自分の実のおばあちゃん、

「やめてよ」と言うと、

「ふふふふふふふ」と言うと同時に目が赤くなったのです。

やばいと思った私は、テラスから、家族に助けを求めました。

けれど、見えてないらしく、笑いながらテレビを見ていました。

家の中に入れた私は、自分の部屋に入ろうと思い、二階に上がろうとしました。

すると、目の前に私を殺そうとしている、おばあちゃんが立っていました。

慌てて、後ろに逃げようとしたら、血まみれの家族がいました。

そして殺されました


   



悪夢朱い塚-あかいつか-