心霊データベース朱い塚-あかいつか-


 
百物語 心霊データベース
百物語とは?

江戸時代頃から流行した、怖い話を通じた降霊術のひとつ。

百本のろうそくに火をともし、怖い話を百話語る。
一話ずつ語るごとにろうそくの火を消し、最後の一本が消えたとき、
幽霊が現れるという。

実際には一本のろうそくに火をつけて話が終わるごとに火を吹き消し、
またつけて次の話をする、というのがポピュラーであるようだ。

単純な方法ではあるが、霊を呼び出す確度は高く、しばしばラップ音など
怪奇現象が起こるようである。
また怪奇現象は特に百話も話さなくても起こるようである。

データベースに戻る
参考文献
※データベースの内容には筆者の解釈や経験での内容も多数あり、
必ずしも正解ではないと思います。ご理解の上ご判断ください。





心霊データベース朱い塚-あかいつか-