怖い話朱い塚-あかいつか-

駅の人影

投稿者:宝塚過激団さん




職場の同僚S氏から聞いたはなし。

そのS氏の友人が昔彼女と夜肝試しへ行ったときの話だそうです。

行き先は京都はトロッコ鉄道の駅。

ちょっと駅から離れたとこに車をとめて

駅のほうへ歩いていったそうです。

駅は保津河をはさんだむこうで、駅へは橋を渡る。

その友人氏は、遠くから見てふと、気づいたそうです。

駅のベンチのところになにか人影が立っているのを。

”列車も走ってないこんな時間に

誰もいるはずがないのに・・・”

そう思いながらも、彼女に言うて

パニックになられても困るから黙ってたそうです。

ところが橋を渡って駅まで行ってみてももちろん誰もいません。

あたりは真っ暗で気味が悪い。

すぐに橋を渡って車のところへ戻ったそうです。

車を走らせてから、彼女がポツリ。

「怖がらせたらあかんからと思て言わんかったけど、

あの駅のベンチんとこ、

遠くから見たとき人影が座って見えてん」

「お前もかー!!」

”立ってる”と”座ってる”の違いはあるものの、

どちらも老人らしい人影を見たそうでした。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-