怖い話朱い塚-あかいつか-

最初

投稿者:つよぽんさん




自分が一番最初にあった怖い体験です。

あれは小学校三年の夏に、初めて自分だけの部屋をもらい、

一人で寝ていた時でした。

夜中に「ザワッ・・・・・ザワッ」と何か大勢の人が、

話している声が聞こえてきました。

聞き耳をたてても内容がわかりません。

そのまま寝ようとすると段々と声が近くに聞こえてきます。

しまいには、大勢の人が耳元で何かを

「ワァーーーー」と叫んでいます。

ハッとして飛び起きても誰もいませんでした。

時計を見ると二時を少し過ぎていました。

心臓がバクバクと音をたてていました。

漫画を読んで落ち着こうと思ッても、手が震えて読めません。

しかたなく寝るとまた同じ事が・・・・。

大体四時ごろまで続きました。

これが一年ぐらい大体、週に一回のぺ―スで続きました。

今思うと一番不思議なのは、何故か親や兄弟には

「言ってはいけない」と感じて、

この事は一言も言いませんでした。

そのたびに、半泣きで汗もグッショリかいて

心臓もバクバクしてましたけど・・・・。

それから、だんだん見えたり聞こえたりするようになりました。

今でもあれは何だったのかな〜なんてたまに思います。

ウスメを開けて見たら何か見えたのかもしれないんですけど、

ギュッと眼を閉じてましたからね。

なんせ子供でしたから・・(汗)



   



怖い話朱い塚-あかいつか-