怖い話朱い塚-あかいつか-

空きベット

投稿者:ムサシさん




高校3年の秋のことです。

足首に怪我をし手術、入院を余儀なくされました。

受験直前ということもあり、無理を言って個室を取ってもらいました。

個室といっても正確には2人部屋で、空のベットがありました。

手術後の最初の夜、麻酔の切れた僕は、

壁をかきむしりながら痛みに耐えていました。

同時に、背後の空きベットに言い知れぬ気配を感じていました。

次の夜、気配は姿を現しました。

お見舞いの友人が帰り、消灯時間をすぎてうとうとしていた時です。

はっと現実に返った僕は隣のベットを見ました。

ベットに絡み合うように寝ている数人の姿があったのです。

苦痛に体をくねらせる人、無表情に私を見る人・・・。

その姿の輪郭は交じり合い、CGのようでした。

不思議と恐怖はなく、病気の苦しみや悲しみを実感しました。

健康のありがたさに涙しました。

それから3週間、受験勉強どころではなかったけど・・・。

看護婦さんは言いました。

「病院は確かにそんな場所よ」

「決して明るい所じゃないね」




   



怖い話朱い塚-あかいつか-