怖い話朱い塚-あかいつか-

金縛り

投稿者:みずさん




私は霊感がないと思うのですが、何度か怖い体験をしています。

その中で、金縛りにあったことを話します。

10年ほど前、私は神奈川県の会社に勤務してまして、

丹沢の麓にある社員寮に住んでいました。

この社員寮は2人部屋になっており、

私と同僚のYが一緒の部屋でした。

部屋には2段ベッドが備えられており、

私が上の段、Yが下の段で寝てました。

ある夜、寝ていると、ベッドの横に人の気配を感じました。

どうやら、私の寝ている上の段をのぞき込んでいるようです。

びっくりして起きようとしたら、すでに体は動けなくなっていました。

金縛りになるのは初めての体験で、とても怖くなりました。

怖くて目も開けられませんでしたが、気配から女性のようでした。

ちなみに社員寮は男性ばかりです。

さらに寝る前には部屋の内側から鍵をかけるので、

入ってくる人はいません。

ベッドの下の段からはYの寝息が聞こえてました。

人の気配は気のせいだろうと思い、無理に眠ろうとしましたが、

それはついにベッドの、私の布団の中に潜り込んできました。

感触から、髪の長い女性のようでした。

そして、それは男性の大事な部分をつかむと、上下左右に揺するのです。

私は恐怖のあまり、気を失ったようです。

気がついたときには朝になってました。

その日、Yに昨夜のことを話すと、

「夜中ベッドが揺れていた」と言われました。

それからたびたび金縛りにあうようになり、

決まって女性の気配がするのです。

その後会社を辞めて九州の実家に帰ったのですが、

それもついてきたようです。

実家でも同じように金縛りにあいました。

ただ、男性の大事な部分をつかまれることはなくなり、

体の上で私を押しつぶそうとする感じに変わっていました。

押しつぶす力は強く、布団を突き破って地面に埋まってしまいそうな感じです。

あるとき意を決して、体の上のものをげんこつで殴ることにしました。

実際は自由がきかないため、ゆっくりと手を突き出す程度だったのですが、

それ以来金縛りにあっていません。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-