怖い話朱い塚-あかいつか-

踏み切り少女

投稿者:くっきーさん




去年の夏休みに田舎の祖母の家に行きました。

飼っている愛犬のクッキー(ゴールデンのオス)も連れてきました。

祖母の家に着くと私はクッキーをつれて散歩に行きました。

途中踏み切りの前を通りかかった時、

丁度カンカン鳴り始めました。

そのとき、私はいきなり金縛りにあい、

踏み切りに向かって足が勝手に、

というか線路の向こう側に引っ張られるように

歩き出してしまったんです。

そのとき、いきなりクッキーが向かいの道路に向かって

激しくほえかかったんです。

すると、急にふっと足が楽になり、

私はぎりぎりのところで助かりました。

そのあと、すぐに祖母の所に逃げ帰り、

祖母にすべて話しました。

すると祖母はこんなことを教えてくれました。

7年前、この踏切で私のように犬を連れた女の子が、犬に引っ張られ、

誤って犬と一緒に下り電車に轢かれてなくなったそうです。

そのときの少女が私を呼んでいたのでしょう。

もしあのときクッキーがほえてくれなかったら。

そう考えるとゾッとします。

祖母は「動物は人間に見えないものも、本能で見えるんだよ」と

いっていました。

それならば、きっとあの時クッキーには見えていたのでしょう。

踏み切りの向こう側で、おいでおいでをしている少女と犬の姿が…。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-