怖い話朱い塚-あかいつか-

柴尾山トンネル

投稿者:夢魂さん




私の親父のお話をいたします。

私の親父は地方公務員をしておりまして、

ほぼ3年ごとに異動があり、

この時は出水市の庁舎の方へ異動になっておりました。

親父は鹿児島市内に家を作ったため、

ここから毎朝出水市へ車で出かけておりました。

(離島の時は単身赴任です)

鹿児島市から出水市へ至る方法は、

国道3号線を川内市をかすめて北上する方法と、

3号線の途中から宮之城という町を抜けて

紫尾連山を越えていく方法があります。

国道3号線は都市部を繋いでいるため渋滞も酷く、

私の親父は宮之城町>紫尾>出水市へ抜けるルートを使っておりました。

その日も普通に仕事を終え、出水市から鹿児島市へ帰ろうと

車を走らせていました。

夏場ですと紫尾あたりではまだそんなに暗くならないのですが、

その日は冬場で紫尾の山を上り始める頃には

既に辺りは夜になっていました。

暫くすると問題の紫尾山トンネルが姿を現します。

親父はいつものように、普通にそのトンネルを通ろうとしました。

トンネルも半ばを過ぎた頃、親父はなんとなく違和感を感じました。

違和感はすぐに「なんだか嫌な感じ」に変わり、

ハンドルを握る手にも自然と力が入りました。



なにゆえ力が入ってしまったのかといいますと

、ハンドルから手を離すと、

車がトンネルの壁に向かって自然に切れていくような、

そんな感覚を覚えたから、らしいのです。

親父は最初左側のタイヤが「パンクした」と思ったそうですが、

その左側のドアミラーを何気なしに見てどきっとしました。

女の人が映っていたのだそうです。

しかし、一度もそんな人を追い抜いた覚えはなく、

また紫尾山トンネルの周囲にはこれといった町や集落もないため、

歩行者がトンネル内を歩くというのは珍しいのです。

つまり、歩行者が居るのは逆に物凄く目立つので通り過ぎる場合、

見落すはずがないわけですね。

それがいきなりドアミラーに映ったので、

親父はどきっとしたのでした。

「俺は幽霊なんか信じてねーけど、あんときだけはびっくりしたね」

と親父はこの話を閉めてくれました。

「だってよ、12月なのに、夏服ぽかったんだよ?」



   



怖い話朱い塚-あかいつか-