怖い話朱い塚-あかいつか-

恨みの滝

投稿者:朝加さん




3年前、会社の同僚と群馬県の野反湖に行きました。

その帰り道に裏見の滝ドライブインという

ドライブインに立ち寄りました。

そこでそのご主人から道路を横切って

すぐ下ったところに小さな滝があると言われ、早速行って見ました。

そこから5分くらいで到着。

小さいけど素晴らしい滝がありました。

同僚は大喜びで滝壷に入ったりしていました。

滝は高さ10Mくらい、滝壷も30センチくらいの深さしかありません。

滝壷から小さな小川となってとても奇麗な景色でした。

しばらくしてあることに気がつきました。

滝のまわりの木々にいくつもリボンのようなものが結わえられていました。

初めはどうやってあんなところに結んだのか不思議に思っていました。

梯子でも無理だしヘリでも使わない限り・・・などと考えていたのですが、

急に悪寒がし吐き気まで。

同僚に声をかけ戻る事にしました。

そこにいた時間はわずか20分くらいでした。

帰りの車の中で私と同僚の一人が高熱。

しかし東京に着いたとたん嘘のように熱はなくなり元気になりました。

それから1年後今度は妻を連れて野反湖に。

その帰路あの時と同じようにあの滝に行ったのです。

奇麗な景色の好きな妻はその滝を見るなり気持ちが悪いと言い出しました。

しかたなく戻ろうとした時、私は何かに足をすくわれました。

岩にたたきつけられほとんど平坦な岩場をすべりおちます。

まるで何かに引きずりこまれるように。

それほど深くない滝壷に下半身が入ってしまった。

私が倒れた場所から10M近く引きずられたのです。

びしょびしょになった私を凄い力で妻が引っ張っていきました。

ドライブインの駐車場に戻ると今までなにも言わなかった妻が言いました。

片手だけのなにかが私の足をつかまえて滝壷まで引っ張って行ったそうです。

妻はその一瞬の出来事を最後まで見ていたそうです。

ちなみに妻は全く霊感に無縁な女です。

慌てて着替え、逃げるようにして車を走らせました。

5分ほどして急に悪寒と吐き気が始まりました。

あの時と同じです。

ようやくあの滝が恐ろしいところだと理解することが出来ました。

裏見の滝・・・・名前からしておかしい。

その小さな滝は裏など回ることもできない。

恨みの滝なんでしょうね。

霊感の強い友人にその話しをしたところ早速行ったそうです。

しかしあまりにも強い霊に途中から引き返したそうです。

帰り道に寄った蕎麦屋の人の話しでは何年か前に

横浜の医師がその滝で自殺したそうです。

その後私はいくつも恐ろしい体験を経験するようになってしまいました。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-