怖い話朱い塚-あかいつか-

挨拶

投稿者:YASUMIKIさん




私が中学生ぐらいの時でした。

実家は私の部屋の真下が玄関でした。

その日は、祖母と父が曾お婆ちゃんが危ないとのことで、

田舎に行っていました。

私は夜の二時くらいまで起きていて

ドライヤーで髪の毛を乾かしていました。

「どんどんどん」

玄関をこぶしで叩く音が聞こえたのです。

ドライヤーをけして窓から下を見ても誰もいません。

また、ドライヤーで髪の毛を乾かしつづけていました。

「どんどんどん」

また玄関を叩く音・・・

下を見ても誰もいない。

ドライヤーの音かなって思って髪の毛を乾かしていたけど

もう音はしませんでした。

私が次の日、お母さんにその出来事を話したら、

その時間に曾お婆ちゃんはなくなったそうです。

お母さんは「挨拶に来たんじゃないの?」って言っていました。

余談・・・私は身内だったら幽霊大丈夫です。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-