怖い話朱い塚-あかいつか-

あざ

投稿者:宝塚過激団さん




職場の同僚Hさんからきいたはなし。

前に投稿した’携帯圏外’と同じところでの話です。

何年か前、職場の人たちとHさんは肝試しにいったそうです。

そこは大阪北部I市の山間部で、R峡という、

峡谷とは呼べないようなちゃちい峡谷があるんですが、

そこへいく手前の左の山の上にある寺に行ったそうです。

その寺の境内にはなぜかチンチン電車がおいてあるそうです。

さて、その肝試しには一人バンドマンで見えるひとが混じっていました。

ほか2人は、見えないから境内中をうろつきました。

そのバンドマンの人が”チンチン電車の中におる”と

言うのもきかずに、チンチン電車のなかにも入ったそうで。

2人は、見られへんまま、帰ることにし寺の石段を下りたそうです。

そのとき、最後尾を歩いていたバンドマンが

なんどかつまずいてこけそうになりました。

Hさん「なにやってんの」

バンドマン「・・・うしろから押された」

そんなことがあって次の日、そのバンドマンは当日欠勤。

それから一週間休みました。

Hさんが電話すると、

「あれからずっと高熱が続いてて、

背中に手の形のあざが浮きでてきた」

ということでした。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-