怖い話朱い塚-あかいつか-

やっぱり

投稿者:ヌー君さん




この話は、会社の同僚が体験した事です。

ある日、会社の同僚H君とN君が国東半島のある町に

仕事の行ったときの話です。

現場は、普通の家で特に変わった所も無かったのですが

その家のご主人が、書道の先生らしく、

一室にいろいろと書かれた紙がありました。

特にHが気になったのは、そこに書かれている文字が

戒名だったからです。

特別霊感のある訳でもないHでしたが

「気味悪いなー」

「何か、嫌な感じがする」と、思っていました。

すると、仕事の最中、廊下の方に人影が来るのが見えました。

ふっとそっちの方を見たけど、誰もいませんでした。

Hは気のせいだろうと、特に気にもせず仕事を続けていました。

すると、今度は後ろから服を引っ張られたような気がして、

ふっと振り返りましたが、そこには誰もいません。

さすがにHも「何か居るな!」と感じたそうです。

それからも、服や髪の毛を何回か引っ張られましたが、

無視して仕事を続けたそうです。

一緒に仕事にきていた、Nに話そうと思ったが、

馬鹿にされるのが嫌で言わずにいました。

何とか仕事が終わり、帰りの車中NがHに向かって

N「変な事言っていい?さっきの家、幽霊いたよ!」

H「え〜〜〜〜〜〜〜っ、やっぱり〜〜!」

Nは家の中をうろうろする、黒い影みたいなものを見ていて

「やばいなぁ〜」と思っていたらしく、

しかし、Hと同じ様に「どうせ言っても馬鹿にされるだけ」と

思いお互い言わずにいたのでした。





   



怖い話朱い塚-あかいつか-