怖い話朱い塚-あかいつか-

誰も知らない

投稿者:リラさん




T県I町にある夏はキャンプ場で冬はスキー場となるK高原があります。

夜は夜景がとても綺麗で若者が大勢訪れる

意外とメジャーな所なのです。が、

去年のお盆に私の友達が大阪から遊びに来て

一緒にそこを訪れました。

一番上の駐車場に車を止めてそこから歩いて

70メートルくらいの所にある木で出来た展望台(3階建て)に

向かいました。

登ろうとすると彼女がここは先に登ってと言い、

私は別に何も思わず先に登りました。

そして3階部分で2人で1時間くらい話をして途中

彼女がふいに私の左隣に座っていたのを右隣に座り変えたんです。

ここでも私は何も思いませんでした。

そのうちアベックが左端に来てそれと同時に

私達はその展望台を後にしました。

帰り道(ちょうど駐車場と展望台の中間部)に

お地蔵さんがあるのに気づきました。

そして駐車場に戻って車に乗った時に彼女が言ったんです。

「もうあの展望台には行かないほうがいいよ。」

「えっ!?」私は聞き返しました。

すると彼女は「3階で話してた時に小学生くらいの女の子が

私達の右側に近寄ってきたから

私はあなたを守るために左側に座りなおしたのよ。」

って言ったんです。

「スキー中に木にぶつかって亡くなったみたい。」

「駐車場のアスファルトの上はいいけど、

そこから芝生の道を展望台方向へ歩くのは

止めたほうがいいよ。」

「特に悪さはしないけど、寂しがってるから付いて来る可能性がある。」

それ以来行ってません。でも、誰も知らないと思います。

ちなみに彼女はそんな力以外にも地震を必ず当てます。

大阪を中心に北陸でとか、西でとか、そんな感じです。

ふいにメールが来るのです。

しかも、それから必ず2日以内に地震があります。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-