怖い話朱い塚-あかいつか-

トンネルで

投稿者:はーちゃんさん




新潟に住んでいた時に、下越のO日村から

海に向かう途中のトンネルでの出来事です。

明け方、あまりにも退屈でドライブに出かけてました。

朝ということで通る車も少なく、のんびりと運転していると、

小さな女の子(五・六年生ぐらい?)が一人出歩いてるの見かけ、

『こんな早くにどうしたのだろう?』

と思いながら通り過ぎました。

ミラーで確認するといません。お花が添えてあるだけでした。

『又観ちゃった・・・』

とおもいながら気にせず運転してました。

しかし、悲劇はこの後でした。

数分走っているとその霊が出るトンネルがちらちらとみえる

(山を下ってる為、トンネルが見えるのです)

距離まで走っていました。

すると寒気と冷や汗が・・・・

その直後、トンネルの方から引っ張る感じがするのです。

車が急ブレーキ踏んだ音、ブツカル音。。。

色々な音が頭の中で交錯してくるのです。

その音が段々と大きくなって頭の中?に

映像と声?が頭の中で大きくなってくるのです。

『嫌だな・・・これはちょっと行きたくないかも・・・・』

もうそのトンネルの近くに来てたので引き返せない。

そう思った瞬間!!

女性?らしき人?(人と呼んでいいのかな?)のイメージが飛び込んできました。

『私を乗せて!!』

って言ってる感じの声が強く聞こえるのです。

『あなたは死んだんだよ』と心の中で言うと

『死んでない!!私はここに居るんだ!!痛いの早く乗せて!!』

とはっきり言ってくるのです。

色々と話し掛けてくるんのですが、無視してトンネルを抜けました。

すると、髪の毛を引っ張るような感じで、

トンネルに私を戻そうとするのです。

そして、強い感情が・・・

『何で乗せてくれないの〜・・・・・・怨んでやる』

というような悲しいような怒りのようなのが伝わってくるのです。

涙が知らずに流れていました。

しかし、そのトンネルの方に引っ張る感じは

中々消えずにかなり離れてやっとフッと消えました。

怖いというより結構辛いものだなって感じたのを覚えています。


   

電話占いデスティニー

怖い話朱い塚-あかいつか-