怖い話朱い塚-あかいつか-

ホテルの部屋にて

投稿者:YOSHIさん




俺の親父は絶対にホテルには泊まりません。

本当にどんな遠くに行ってもホテルではなく民宿を選びます。

その理由をこの間、聞いてしまったのです・・・・・・

その日、親父は会社の研修旅行でN県に行ったそうで

そこのT温泉に行き、そこの某ホテルに

宿泊する事になったのだった・・・・

2人1部屋か、1人1部屋になるってことで

クジで親父は1人部屋になってしまった。

まあ、その時は気にせずに会社の同僚と飲んだり、

歌ったりして騒いでいたらしい。

しばらくすると、疲れのせいか酔いがまわってしまって、

先に部屋に帰って寝ることにしたらしい。

自分の部屋につくとすぐにベットに横になった・・・・・

どれくらいたっただろうか・・・・・・・いきなり隣の部屋から

「ドン!!!ドン!!!ドン!!」

と、隣のヤツがものすごい力で壁を叩いてきた。

親父は会社のやつが悪酔いしてんだな・・・と思って

「うるさいぞ!!!いいかげんに寝ろ!」といった・・・

すると、叩くのをやめた。

そして、親父はまた眠りについた・・・・・

そして、しばらくするとまた壁を叩いてくる。

親父も我慢できなくなって隣の部屋のドアの前へ行き一言

「うるさい!!!」って言って自分の部屋へ戻った。

その日は何も起こらず、親父は寝ることが出来たらしい・・・・・

翌朝起きるとあんなに夜中騒いでいた隣のやつがやはり気になった。

親父が怒ってやろうと思って廊下に出たとき唖然とした。

親父の部屋の隣は非常階段へ行くドアしかないのだ。

つまり親父は角部屋だったのだ・・・・・・

昨夜、壁を叩いたのは誰なのか、

親父が怒鳴りに行った部屋はどこなのか・・・・

会社の人誰に聞いてもわからなかったらしい・・・・・

同僚の中の1人が気になることを言っていたらしい・・・・・

「Eさん(親父の名前)昨日1人で非常階段に出てなんか叫んでましたよ。」

親父の見た隣の部屋のドアは一体・・・・・


   



怖い話朱い塚-あかいつか-