怖い話朱い塚-あかいつか-

ヘッドライト

投稿者:たどさん




今年の8月に彼のアパートにお泊まりに行った時の事なんです。

彼というのが、むちゃくちゃイビキがハードな人で、

隣にいても、なかなか眠れなくなるんです。

で、その時も眠れませんでした。

でもって、12時過ぎた頃からかなあ。

私が寝ている部屋の窓辺で、おばさんと思われる人が

2人でおしゃべりしているんです。

声は低くて、でも、なにやらグチっぽいことを話している。

同じ調子で。

内容ははっきりとは聞き取れないんですけれど。

ずーっと、しゃべっているんです。

最初のうちは、「ああ、暑くて眠れないから外でおしゃべりしているんだな」とか

思っていたんですけれど、

彼のアパートって、彼と、隣の同年輩の男の人しか住んでいないんです。

もうひとつアパートが密接しているんですが、

私が寝ていた部屋の外には網目の塀みたいなのがあって、

こっちにこれないんですよね。

今はすぐ前に一戸建てができちゃいましたけど、

当時はだだっ広い分譲地だったし。

それで、なんでおばさん達が彼のアパートの窓辺で

おしゃべりしているのか?

ここに来るには真っ暗なアパートの入り口

(電球が切れたとかでそのままにされている)を

通ってこなくちゃならないんだけど。

そんな物好きいるんかな・・・。

と思ったとたん、恐怖。

もう目がバッチコです。

声も続いていて・・・そのまま気がついたら朝になってまして・・・。

誰も信じてくれないんですよ。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-