怖い話朱い塚-あかいつか-

不気味な音

投稿者:ゆみさん




これは、私が小学4年生だった頃の話です。

夏休み学年で、3人のペアを決めて、ヘチマの水やりとうばんがありました。

ペアは、Eと、Fでした。

日にちは、8月ごろでした。

みんなで学校に行き、水遣りをしていました。

ついて、水遣りをしはじめた時は、8時半ごろでした。

水遣りをし終わり、観察を始めるつもりが、遊んでいました。

そして、また、まともに始めたのが、

8時50分ぐらいだったと思います。

観察はなかなか進まず、ヘチマの文しかかけませんでした。

絵をかこうと、鉛筆をついたとき、だれもいないはずの校舎から、

「白鳥」のような、(グリーグが作曲した曲)が流れてきたのです。

たしか、この学校で、弾ける者など、いないのです。

聞いた事もないのです。

「ねぇ。なんかさぁ。変な音楽流れてこない??」と、私。

「なんか、不気味-」と、F。

Eは、とろいので、きづきませんでした。

でも、最後らへんできづいたそうですが・・・・・・・。

絵をかくのを中断し、おとをききました。

とっても優しい音でした。でも、その音と一緒に、

「早く帰れ!!早く帰れ!!早くしろ!!」と聞こえたのです。

へなへなと、後ずさりをして、荷物をまとめ、

教室の中の時計をみると、10時30分でした。

2時間もたっていたのです。

その日は、一日、気が気ではありませんでした。

あの「白鳥」を弾いていたのは、誰だったのでしょう・・・・・・。

今でも、記憶に、はっきりと残っています。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-