怖い話朱い塚-あかいつか-

待っている人

投稿者:CMAさん




4年前の話ですが、仕事でお得意先まで車で

配達に行った日の事です。

大通りを通ると渋滞に巻き込まれるため、

いつも裏道を通るのですが、お得意先までの中間辺りかな?

道沿いの電柱の横に誰か立っているのですよ。

明かに後姿ですが、笑ってる男性。25歳前後かな?

電柱に向かってなんとなく喜んでいる微笑を浮かべながら・・

「出たぞ。昼なのに・・・」と思いながら、

その電柱の横を通りすぎたあとにミラー越しで確認をしましたが、だれもいません。

隠れるようなところは何処にもありませんよ、もちろん。

お得意先で、納品を終え、来た道を帰ると、

さっきの電柱の下に男女が二人ほど座っているのです。

「何だ?今度は二人か?」と思って見て見ましたが、今度は、本物。

しかも、お花と線香を供えて・・・・・

「さっきの男性は、ここでこの二人が来るのを待っていたんだな〜?」

って、とっさに思いました。

この話し、しましたっけ?

で、後日談ですが、

この話しを、会社の後輩に話して、「ダメだよ、お墓が出来たら、

そっちに行ってあげないとね!」

話しをした翌日、またお得意様のところへ。

「さすがに、今日は居ないだろう。あの日は、

あの男性の命日だったんだろうな〜」なんて思いながら・・・・・

また、帰りにその場所で、「お墓が出来たらやっぱりね〜」

なんて思った瞬間左前方の小さな林が、

落雷を受けたかのように、光りました。かなり眩しく。

男性を目撃した日も、その日も午後2時頃、しかも雲一つ無い晴天。

「なんだ?UFOでも降りてきたか?」なんて思いながら

全身に少し寒気を感じながら、わき見しつつ、

林の横を車で通りすぎようとした瞬間。

その小さな林の中に、お墓を発見。

何の意味だったのでしょうか?



   



怖い話朱い塚-あかいつか-