怖い話朱い塚-あかいつか-

霊に襲われた身内

投稿者:宝珠さん




前に投稿した『霊の怒り』の続編です。

いえ、本編といった方が正しいでしょう。

私はつつじ公園を撮影した後に

黒い男の霊がついてきた事がわかりました。

その霊の2ヶ月間の全行動です。

黒い男の霊は私が眠る前に必ず胸を攻撃してきました。

肺のあたりが筋肉痛のように痛いのです。

それでベッドに天然塩を置いて、痛くなる度に

“あっちへ行け!”と念じながら、塩を体に撒いて霊を払っていました。

しばらく続けると霊はもう寝る前に攻撃する事はなくなりました。

でも、黒い男の霊は車に執着するようになりました。

私と友達が車の中で口論した事があって、

某大学付近のR10を走っている時、左後ろからハッキリと

「うふわあああ〜〜〜」

と大きな不気味な男の声が聴こえました。

前に某葬儀社の前で不思議な雄叫びは聴いた経験があったので、

またか・・・位しか思っていなかったんですけど、

その声は助手席にいた友達にも聴こえたらしく、

「今の何!?」って青ざめていました。

で、その友達は大の怖がりなので、私は霊だとは教えませんでした。

後日、私は車の中でお香(乳香)を焚き、

車に天然塩を振り掛けて、お清めをしました。

私の車から離れた後は今度は母の車に執着するようになりました。

母はよく実家に行くのですが、その実家に住む祖父が次のターゲットでした。

9月のある日、祖父は眠ろうとすると「気分が悪い」と言ってきたそうです。

次の日もやはり眠ろうとすると同じような症状が出たので、

その日のうちに病院へ行ったら心筋梗塞の前ぶれだったらしく、

緊急入院しました。

そして、母の車は新車なのにも関わらず、キーレスエントリーが故障しました。

その時に、“絶対に霊が原因だ!”と思い、

ある晩、白檀のお香をその車で焚いてみたんです。

案の定、次の日には元に戻りました。

でも、その白檀のお香を焚いたある金曜日、信じられない事が起きました。

家でお香を焚くのは家族に怪しまれるだろうと思って、

外出先で焚いたんです。

その時に某公共地のトイレに行った時に右側から

ノイズがかかった声でこう言われました、

「コーローシーテー」と・・・。

多分、車についていた霊でしょう。

私が霊障だと知っていたので、霊も私に声をかけてきたんだと思います。

そして、その言葉通り、月曜日に父が会社で

息ができなくなって病院に行きました。

原因は心臓の一時的な痙攣のような発作。

連絡があった時に、“黒い男の霊が攻撃したに違いない”とゾッとしました。

霊はそれでも飽き足りず、また母の車で問題を起こしました。

今度は坂道で祖母が後部席に乗ったまま

駐車している時にギアがおかしくなり、

車がどんどん下り坂へ向かって行き、

パニックになった祖母が車内から母の名を叫んで、

その車を何とか止めたそうです。

しかも、その下り坂の向こうは崖だったそうです。

そのままならば祖母は転落死だったんじゃないかと・・・。

そして、最終的には、

母が「眠ろうとすると胸が苦しくなる」という現象が起きました。

そして、ある日、霊感ナシの母でさえ金縛りにあい、

「金縛りにあった時に傍に人が立っているように見えた」

と話していました。

最初から読んでいると、もうお気づきでしょうが、

私も祖父も父も母も全員『胸(心臓)』を攻撃されています。

私が、黒い男の霊に対して「許して」と頼んだ時に胸が熱くなったのは、

自分の胸の痛みを私に知らせたかったのかもしれません。

西南戦争跡地という場所からすると、

銃や砲弾を胸に受けて亡くなった男性の可能性がありますね。

私は自分の能力と判断力のなさから、霊を連れて帰ってしまい、

また親族を巻き添えにしてしまった事を深く反省しています。




   



怖い話朱い塚-あかいつか-