怖い話朱い塚-あかいつか-

茶色い頭

投稿者:えむさん




小学生の頃。

私は自室でピアノの練習をしていました。

自室は二階で、階下では家族がテレビを見ています。

1時間ほど練習して、ふと手を止めました。

なにげなく横に目をやった瞬間、腰掛けた私のちょうど胸あたりの高さを

金茶色の髪の毛の人間の頭だけが通り過ぎてゆきました。

宙にうかんだまま、妙にゆっくりした動きで平行に進み、

やがてピアノの陰に隠れて見えなくなりました。

一瞬なにが起こったかわからず、そのままピアノを弾き始めようとしたのですが

どう考えても「ありえない」と認識した瞬間、

ものすごい勢いで階段を駆け下りていました。

階下の家族は、あまりに真っ青な私の顔色をみてびっくりしたそうです。

家ではペットなども飼っていませんし

なにと見間違えるにしろ、位置も動きも不自然すぎるのです。

あれはいったい何だったのか、今だにわからないままでいます。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-