怖い話朱い塚-あかいつか-

宝くじ購入代行サービス

タイムスリップ

投稿者:GT-Rさん




ある人から聞いた話です。

小さい頃、とても仲の良い友達(仮にA君)がいたそうです。

ある日、彼は遠い地区に住んでいるA君の家に遊びに行きました。

A君の家はなぜか静まり返っていたそうです。

いくら呼びかけても何の返事も無いので、

彼は呼びかけながら家の中に入りました。

静まり返った家の中、一番奥のA君の部屋へ行った彼は、

室内に敷いてある布団を見つけました。

もう昼なのに敷いてあるのはおかしい、

風邪でもひいているのかと思った彼は、

「Aちゃん」と言いながらそれをめくりました。

そこで彼が見たものは、血まみれになって死んでいるA君の姿だったのです。

パニックになった彼は、家にいるはずの

A君の両親に知らせるため、居間に行きました。

しかし、居間でもその二人が血まみれで死んでいました。

泣きながら家に逃げ帰った彼でしたが、

子供だった彼はそのショックで記憶を封印してしまったのです。

年月が経ち、十七歳の時不意にその記憶が戻った彼は、A君の家にいってみました。

しかし、そこには荒れ果てた廃屋があるだけです。

わずかに面影はありましたが、どう見ても数十年は放置されているようでした。

誰に聞いてもA君なんて知らないと言います。

いったいどうしてなのか?

その理由がわかったのは、図書館で新聞の縮刷版を見たときでした。

「一家心中」と題されたそれは、病気を苦にした父親が

妻子を殺し自殺したというものでした。

やはり事実だったと思った彼は、新聞の日付を見て仰天しました。

なんとそれは・・・

五十年も前の記事だったのです。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-