怖い話朱い塚-あかいつか-

いわくつき人形

投稿者:小峰さん




その人形に出会ったのは中学生の頃です。

ある日自分の机に向かっていると上の棚に

赤いものがあることに気がつきました。

取り上げてみるとそれは赤ちゃんの人形でした。

僕はその人形に全く覚えがなく、母親に誰のものか尋ねました。

すると母親は

「その人形、あんたがちっちゃいときに持ってきたのでしょ?

気味が悪いから捨ててきなさいって言ったのに、

『絶対にいやだ』と言って結局家に持ってきて。」

僕には全く身にに覚えがありません。

最初に出会ったのは中学生の頃と書きましたが、

厳密に言うと拾って来た時が出会った時なのかも知れません。

母に聞くと僕が人形を持ってきたのは小学生くらいの時、

雨の降る日だったそうです。

あまり気持ちのいいものではなかったので

黒いゴミ袋にその人形を入れて、元の棚の上にあげておきました。

翌日朝起きるとその人形は何故かビニール袋から出て

棚の上に横たわっていました。

ゾッとしましたがどうしようもなく、人形の前に荷物を置いて

目に触れないようにしました。

しばらくしてまた引越しをすることになり、

いい機会だと思ってその人形を捨てました。

八年が経った最近、押し入れを整理しているとなんと

その人形が出てきました。

この人形は何でしょうか?この人形は手離したく思います。


この人形を譲って頂きました。

以下はその後日談です。

人形を発送するため、近くのコンビニに車で向かっていました。

角を曲がる時に車の目の前が赤くひかりだしました。

その光に見とれてしまい、ハンドル操作を誤って事故になりかけました。

幸い少し車をこすっただけで済みました。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-