怖い話朱い塚-あかいつか-

某医科大学のエレベーター

投稿者:うり丸さん




「狭いエレベーター」を拝見して思い出したお話を、一つ

(霊現象かどうかは、わかりませんが、個人的に怖かった・・・)

私の兄は某大学病院の医師をしています。

今はお偉いさんになっていますが、その兄が学生の頃、

「ノートを忘れたので病理学の講師室に届けてくれ」と電話がありました。

時刻は、午後10時前後だったと思います。

素直な(?)な私は指定された棟へ向かい、

エレベーターに乗り込み、

講師室のある階(定かには覚えていません・・)のボタンを押しました。

何気なく階毎の表示を眺めると、B1は解剖学教室・・・

ゲッ!と思った時、

エレベーターはB1に到着♪

真っ暗なフロアでドアが開きました。

「B1なんか押してないぃ〜(泣)」で、外に誰も居ない事を確認して、

壁に張り付きながら、「閉ボタン」を押し、無事目的の階へ・・・

「閉ボタン」しか押してないので、最初に押したのは間違い無く、

目的の階ということになるじゃないですか!

時悪しく、解剖実習真っ盛りの頃で、帰りはビビる私を兄の友人が

(兄は勝手に帰れ!と・・・酷過ぎ・・・)

棟の出口まで送ってくれました。

解剖実習中はいろんな噂が飛び交います。

夜な夜なトイレから女の泣き声が・・・

(実は解剖が嫌で夜毎トイレで泣いていた女子学生がいた)とか、

解剖学教室の前の壁に、人型が浮き出るとか・・・

でも、関係の無い私がなぜ?なんですよねぇ〜

何より怖かったのは、兄の話を聞かされているうちに

今だ食べられなくなった、ある種のお肉ができたこと・・・

兄曰く、脂肪の具合が人間のそれとそっくりだとか・・・

兄は、実習開始2週間後位からは平気で食べられるようになりました(泣)

解剖実習で使用の手術着の油シミを見せられながら、

熱弁を振るわれた悲しい過去です・・・



   



怖い話朱い塚-あかいつか-