怖い話朱い塚-あかいつか-

涙

投稿者:ふるーさん




これは私が、祖母の家に泊まったときの話です。

そんなに怖くありませんが、霊でしょう。

2階で、なぜかずっと眠れないでいました。

それからしばらくたって、『羊が一匹』などしながらうとうとしていたときです。

額に、

ピチョン。

水の音がして、水がかかったような感じがしました。

「あれ?」

起き上がると、誰もいません。

『気のせいだったのかな・・・・』

するとまた、

ピチョン。

確かに水。これは水以外の何でもありません。

そのときは寝ぼけていたので、ああ〜、

ぐらいにしか思いませんでしたが、一瞬後、寒気がしました。

第一、祖母の家の2階の水源と言ったら、トイレぐらいしかないのです。

それに、上に黒ぶちの写真・・・

「じーちゃん」

私は何気に言いました。

でも、来ません。寝ているんだ、と思いました。

いつの間にか自分は寝ていて、朝でした。

起きてから気づいたのですが、

祖父は1年前にガンで亡くなっており、いるはずがないのです。

でも、確かに、じーちゃんがそこに・・・・・・

だいぶ、前の話です。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-