怖い話朱い塚-あかいつか-

今思えば……

投稿者:かえでさん




この話は数年前、父方の祖父が亡くなったときの話です。

元々病気で入院していた祖父が亡くなって、お通夜の夜。

あの時は叔父の家の近所の公民館のようなところを借りて

通夜から葬儀まで行ったんですが、

とにかくあまり小ぎれいとは言えない建物で、

夜のトイレは一人で行くにはなかなか厳しいものがあったんです。

んで、そのときは結局(ちょっと情けないことに)

まだ幼い従妹についてきてもらったんです。

さすがにそれでも気味が悪く、さっさと済ませて

出ようと水を流したときでした。

聞き覚えのある男の声で、「かえでー」と呼ばれ、

私は「何だよ人が用を足してる最中に」と思いながらも、

「なーにー!?」と返事をしました。

が、返事が返ってこないではないですか。

私は、父か叔父が用事があって呼んだのか

いたずらだろうと思い、皆のいる部屋へ戻りました。

が、聞いても誰も呼んでないと言うんです。

まじめくさった顔で。

よくよく考えれば確かにおかしいんです。

聞こえた声の感じからして、距離はそんなに遠くなくて、

だいたい隣の部屋から呼ばれたくらい(要するに隣の男子トイレあたり)。

従妹は誰も広間から出てないと言うし。

(トイレは広間から廊下で一直線の所にあり、

人が出入りすれば見なくてもわかります)

しかもその声は私以外の人間は聞いてない。

まあそのときはゾッとしながらもうやむやにしてしまいましたが、

今考えると、亡くなった祖父が、生前見舞いに行ってもまともに話せなかったので、

最後の最後に私と話がしたかったのかな〜と、勝手に結論づけてます。

(会話なんて出来るわけないんですがね)




   



朱い塚-あかいつか-