怖い話朱い塚-あかいつか-

白い女

投稿者:サタン様さん




コレは、僕が小学校六年生の最後の修学旅行の時に友達が経験した話です。

目的地はある山の山頂にある館で、

二、三階建ての大きな建物でした。

夜中、僕は友達と一緒に肝試しをする予定でした。

その実行時間は午前零時。

「さあ、行こうか」

と、グループのリーダー的存在のMが言った時、

「悪い、俺、ちょっとトイレに行ってくる。」

と、グループの一人、Sが言いました。

しょうがない、と思いSがトイレから帰ってくるまで待ちました。

しかし、なかなか帰ってくる気配がありません。

皆心配してたのですが、しばらくするとSが帰ってきました。

しかし様子がおかしいのです。

なんと、Sは激しく泣いていたのです。

「どうした?」

とグループの一人のAが言いました。

すると

「俺・・・俺・・・幽霊を見た・・・」

とSは言ったのです。

その証言によると、Sはトイレから帰ってくる途中、

ふと窓の外に目をやると、

なんと白い服を着た女の人がいたらしいのです。

しかも、その女の人は木に上り、Sを見てたと言うのです。

そのこともあり、肝試しはやめました。

翌日、先生から聞いたのですがその館は昔、

戦争で死んだ人達の死体を置く場所だったそうです・・・



   



怖い話朱い塚-あかいつか-