怖い話朱い塚-あかいつか-

血をよこせ…

投稿者:傍観者さん



あれは小学校を卒業し、なおかつまだ

中学校に上がる前という、身分的には微妙な時期でした。

その日、同じ小学校の友人五人で集まり遊んでいました。

しばらくするとやることも無くなり、誰かが、

「こっくりさんでもやるか」

と言う事になり、早速紙と十円玉を用意しました。

みんなが準備している間に、わたしと友人のH君と。

「(他の友人たちはコックリさんを信じていないから)

自分たちで動かしちまおう!!」

とたくらんでいました。

やがて準備も完了し、コックリさんを始めました。

しばらくして、わたしは任意で友人の質問を面白おかしく答えていました。

やがてそろそろ終わろうとして「お帰りください」と友人の一人が言いました。

しかしその返答はまたもわたしが任意で動かし「いいえ」と答えると

「どうすれば帰ってくれますか?」と友人は聞き返します、

すると十円玉はわたしの操作を離れ

「ちをよこせ」と動き出したのです、

わたしはH君が動かしているのだろうと思い、

そちらを見るとH君はニヤニヤとこちらを見ていました。

なんどか「お帰りください」質問を繰り返すうちに

友人の中の女の子が目に涙をため始めました、

本能的に「女の子を泣かすな!!」という考えが浮かび、

再び任意で十円玉を操作し、

偽りのコックリさんを還しました。

その後、「怖かったね〜」などとたわいも無い会話を

心の内では笑いながら話していました。

しばらく話しているとわたしは急に眠くなり、

寝不足がたたっていたのだろうと考え、

友人の部屋にもかかわらずウトウトと昼寝を始めました。

眠り始めて数分、わたしは頬をひっぱたかれる痛みで目を覚まし、

眼を開けると友人の一人が手を振り下ろしているのが見えました。

「何するんだよ!!」

と大声で言うと、

「何やってんだよ!?」

と真っ青な顔をしながら聴き返されました。

「何だコレ!?」

良く見れば自分の左手首からかなりの血が流れていました。

話によればわたしが眠り始めたかと思ったら突然起き上がり、

机の上にあったカッターナイフで自らの左手首を切り始めたらしいのです。

…後日、H君に話を聴くと「ちをよこせ」と答えたのは

わたしだと思っていたらしいです、

無論わたしはそんなことをしていません…

じゃあ、いったいどこの誰が?


   



怖い話朱い塚-あかいつか-