怖い話朱い塚-あかいつか-

放送室のタイル

投稿者:傍観者さん




私の小学校の時の話です。

あれは小学校三年生のときです、

当時放送委員だった私の友人S君はある日、

放送室でふざけて(たしかプロレスごっこ)いて頭を割る大怪我をしました。

話によれば放送機材に頭をぶつけ、

なかなかスプラッタな光景だったそうです。

学校には救急車、放送室の床は血みどろで

他の放送委員はかなりパニックを起こしていたそうです。

流れ出した血液は教職員によってふき取られましたが、

放送室の布でできた床のタイルの染みはそのままでした。

そして子供の想像力とは恐ろしいもので事故があってからほんの数日で

「生徒が一人死んだ」という噂と「その死んだ生徒の幽霊が…」という噂が

学校じゅうを駆け巡りました。

本人はまだ生きているにもかかわらず!!

そんな噂が出てからか、放送委員の中には

「怖くて放送室に居たくない…」と言い出す生徒が出る始末、

学校側はしばらくの間放送室を閉鎖することにしました。

それから約一ヶ月半後、そのS君も無事退院し、

学校に復帰するようになりました、

それからまもなくして学校も放送室の使用を考え出し、

血のついたタイルを張り替えのため業者を呼びました。

再び放送室を使用するようになり、古いタイルの中に

真新しいタイルが混じっていましたが、

それ以外は以前と変わらない放送室でした。

…………が。

みんなの記憶の中からその噂が消え始めた頃、

その事件は起こったのです。

第一発見者はなんと怪我をしたS君でした。

S君は職員室から放送室の鍵を借り、放送室の中に裸足で入ったのです

(当時、学校内では上履きを履くのだが、放送室の床に

教室内のワックスをつけないようにするため

裸足で入ることが生徒には義務付けられていた)

カーテンの閉められていて暗い室内で照明のスイッチを押すために

手探りでスイッチを探していたときでした。

Sくんは足元に違和感を感じたそうです。

その場所は古いタイルではなく新しいタイルの場所で

古いタイルに比べて柔らかいはずなのですが、

なぜか足元がザラザラします。

誰かが何かを置いたのだろうと思い、気にせずに部屋の照明をつけました。

そしてS君が足元を見ると、なんと新しいタイルに以前の血の染みと全く同じ形、

同じ質感の染みが出来ていたそうです。

放送委員と教職員以外の人間は放送室に

無断では入れませんから悪戯なんて出来ません、

それでも教職員はこの話を悪戯と言う事で解決し、

生徒の間には以前より何段階かバージョンアップされた噂が走り回りました。

その染みは卒業するまで、もしかしたら今でも残っているかもしれません、

念のため言っておきますが怪我をしたSくんは生きています、死んではいません

第一発見者が以前その場所に染みを作ったS君だったと言うのも

偶然とは思えません、

一体あの日放送室では何が起こっていたんでしょうか?



   



怖い話朱い塚-あかいつか-