怖い話朱い塚-あかいつか-

あの日あの時のこと

投稿者:有帆さん




またまた,お母さんの霊体験の話です。

お母さんが,学生の頃のこと・・・。

電車にひかれて死んでしまったお母さんのいとこがいます。

その日の夜・・・お母さんは兄がいる隣の部屋で寝ていました。

すると,お母さんは急に体が動きが取れなくなったんです。

そう−・・・金縛り。

声も出せない!体も動けない!どうしよう・・・

お母さんはしばらくじっとしていました。

いとこが「いひひひっひ〜〜〜〜」と言いながら立っていました。

・・・やっと,金縛りがとけてお母さんは

すぐさまおばあちゃんがいる,一階へおりてきました。

おばあちゃんにわけを話しながら,不意に時計を見ると・・・

それはちょうどいとこが電車にひかれて亡くなった時刻だったのです。

そしてお彼岸の時,お母さんの夢にお母さんのいとこが出てきました。

「お酒とタバコ〜〜〜お酒とタバコ〜〜」と。

夢の中で訴えていたのです。

お母さんのいとこは,お酒とタバコが大好だったようです。

今生きていたら40いくつ。

他にも体験はたくさんあります。

もちろん霊感がある母の娘の私も・・・体験はしています。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-