怖い話朱い塚-あかいつか-

合併霊症

投稿者:しのっちさん




わたしの叔父に、土建の作業員をやるかたわら、

猟師をやっていた人がいます。

もう15年ほどまえ、その奥さん、つまりは叔母が、

顔や足が水でふやけたようにむくみ、

歩くこともままならない状態になったことがありました。

あちこち有名な病院にいったのですが、

いっこうに良くなる気配がなく、困り果てていました。

わらにもすがる思いで、祈祷師を呼んで見てもらうと、

叔父が猟でタヌキをよく捕るのが原因で

霊症が出ているとのことでした。

祈祷師と共に祭壇を作り、タヌキの鎮魂をしたところ、

足のむくみがよくなり、歩けるようになったのです。

それ以来、叔父は猟師からは身を引き、土建作業員のみになりました。

しかし、顔のむくみだけが治まりませんでした。

今度は違う祈祷師を呼ぶと、お墓の手入れをするように言われたそうです。

叔父の家は母の実家で、母もお墓の手入れに出かけました。

見た目は変わったところはなかったようですが、

菩提寺の住職を呼んで墓を掘ってみると、

墓の下に水脈ができ、墓の下が水浸しになっていたそうです。

墓の周囲を掘り、コンクリートで水が流れ込まないように工事をしてからほどなく、

叔母の顔のむくみが治ったそうです。

きっと先祖からのメッセージだったんだと母は言っていました。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-