怖い話朱い塚-あかいつか-

離島の砂浜にて

投稿者:紅のプー太郎さん



盆休みを利用して、釣り仲間が1人で

離島へ出かけた際の出来事です。

夕方近くに定宿の民宿へ着いて、

その日は食事と入浴を済ませ、ゆっくりとすごしました。

昼間は暑いし海水浴客で釣りが出来ず、

夕方から夜半前の予定で、釣りを始めました。

民宿の100歳近い大オバァからも

「盆期間中の殺生はいかんよ!!」と、

警告じみた事を言われましたけど、頭の中は

「釣り」の事でいっぱいで、全く聞く耳持たず状態で

受け流しました。

夕方から始めましたけど、あいにくその日はサッパリな結果で、

気分転換がてら休憩してたら、ウトウト始めたんですね。

そのうち、半分意識があるかないかの状態の頃、

変な夢みたいなのを見ました。

大きな渦が出来て、その中に人々が吸い込まれてる夢で、

吸い込まれるのが嫌なのか、中には抵抗する人達も居ましたが、

結局は吸い込まれてました。

暫くして目覚めましたけども、全身に嫌な汗でビッショリになっていて、

盆期間中には集落に迎え火と送り火の習慣があり、

ふと集落を見ると送り火が全部消えてたそうです。

昔からお盆には「地獄の釜の蓋も開く」とか言い伝えがありますけど、

たぶん何かの警告だったんじゃないでしょうか?


   



怖い話朱い塚-あかいつか-