怖い話朱い塚-あかいつか-

とある立体交差

投稿者:紅のプー太郎さん



自宅の近所に、炭鉱の専用鉄道の線路が

東西に通っていて、少し離れた所に

鹿児島本線が南北に通ってます。

両者が交わる所は、鹿児島本線の上を炭鉱の線路が、

陸橋(ガード?)で立体交差してるんですね。

時計で例えると、福岡方面が12時だとすると、

12〜3時がショッピングモール、3〜6時が

元墓場の小学校、6〜9時が広めな空き地と住宅地、

9〜12時が大きめな納骨堂と住宅地とゆう感じです。

前置きはこれくらいにして、生まれる前の事は分かりませんけども、

1〜2年に1人か2人くらいの割合で、陸橋の下を

鹿児島本線の電車が、通過するタイミングで飛び降りてます。

高さが架線を支えてる柱より、少し高いくらいなんで、

そうしてるんでしょうけど、結果は言わずもがなです。

納骨堂の所に脇道があり、何かと便利な道なんですが、

なんとも言いづらい空気と片頭痛がするから、

通りませんけどね。

各報道機関じゃ言ってないにも関わらず、

わざわざ主に九州各地からやって来て、

自ら命を絶ってるみたいで、死んだ方々の霊が

呼んでるとしか、思えないんですよねぇ?。

一応、鹿児島本線の鉄橋だけ、役にたってなさそうな

チャチなフェンスを設置してありますけど、

どうも無意味みたいです。

炭鉱が閉鎖になり、鉄道関連の施設は撤去されており、

薬草や野草が取れる土手があり、

けっこういい感じの場所なんで勿体無いです。

   



怖い話朱い塚-あかいつか-