怖い話朱い塚-あかいつか-

無人島の堤防にて

投稿者:紅のプー太郎さん




釣り仲間が夜釣りから帰ってきて、

トンでもない事が起きた模様なんで投稿します。

2人で行く夜釣りの予定が、どうしても相方が行かれなくなり、

やむを得ず1人で行く羽目になりました。

本来は無人島の岩場で夜釣りだったんですが、

渡船の親父と相談して、安全性を考えて10年くらい前まで

人が住んでいた、無人島の堤防へ行きました。

飽きない程度にボチボチ魚が釣れて、眠たくなったし霧が出てきたから、

夜半近くに寝袋へ潜り込みました。

暫くすると「ベチャ!!・・・・ベチャ!!・・・・・・」と、

何かが這ってくる様な音が聞こえだして、どうも近づいてくる気配なんですね。

そんな音を出して動き回る野生動物は居ませんし、

SFやホラー映画の中しか考えつきません。

次第に音の感覚が近くなり、寝袋の周りを回ってる様子で、

ただならぬ気配と強烈な腐敗臭に、恐ろしくて目を開けられません。

いつの間にか気絶していたらしく、気づいたら朝になっており、

辺りを見回すとグッショリと堤防が濡れていました。

雨か?と思いましたけど、民家と漁港がある付近は、

全く濡れていませんし、ナメてみたら海水なんですね。

大波にしては釣り道具が流されてませんし、

渡船の親父に聞いてみると

「あ〜やっぱり出たみたいやね!?・・・・・・

ここでの釣りはアンタで最後にするよ」と、意味ありげな笑顔で

一言二言言われ、結局何も答えてくれませんでした。

普通に考えれば漁に出て遭難した方々が、

帰ってきたんでしょうけども、それとも他の何かが・・・・・。

   

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト


怖い話朱い塚-あかいつか-