怖い話朱い塚-あかいつか-

足音だけ…

投稿者:桜愛子さん



3年前に家をリフォームしました。

古い家からキレイな家に生まれ変わって

家族全員喜んでいたのですが・・・

「うわ!何これ・・」

母が写真を見ながら気持ち悪そうにいいました。

その写真は「新しくてピカピカのうちに家を撮っておこう」と

言って父が撮った写真でした。

赤い糸のような物体が何本も何本も、

写真を横切っていたのです。

何故か奇妙な事に、2階で撮った写真だけ・・・

2階で撮った写真全てにそれが写っていました。

最初は心配していたのですが、

半年くらいは何もおこりませんでした。

「悪いものじゃなかったんだな」と安心していたころです。

2階にある弟の部屋に変な事がおきたのは・・・

弟は自分の部屋でゲームをしていたそうです。

(弟以外は全員一階にいました。)

すると隣の部屋(物置)のほうから、

何か物が落ちる音がしたそうです。

「誰かが物置にいるんだなー」と思って、

弟は気にしませんでした。

何分かすると、物置と弟の部屋の間の壁が

「ドンドン、ドン」と鳴り出したそうです。

「妹のイタズラかな」と、これも気にしなかったのですが、

その音は止まる様子がなかったので、

嫌な気持ちになった弟は「やめろよ!!」

と怒鳴ったんだそうです。

それでも「ドンドン」と壁を叩く、低くて鈍い音が・・・。

しかも今度はいろんな方向の壁から

鳴り出したそうです。

不可能じゃないですか?

まず、右側の壁から音がして、すぐ左側の壁から・・なんて。

それに、壁の向こう側は外っていうところからも

音がしたそうです。

2階なのに・・・。

弟は、「これは妹のイタズラなんかじゃない・・!

部屋から早く出なきゃ」

と思い、怖さを紛らわすために?おもいっきり大きな声で

「ああああああああああ!!」

と叫びながら、自分の部屋のドアのほうへ走っていき、

ドアをバン!と開けたそうです。

すると、弟の部屋の前の廊下を走っていき、

階段をかけ下りる「ダダダダーッ」という音が

したんだそうです。

しかし、それは足音だけ。

走っていく音はしてるのに、その場所には

誰もいなかったんだそうです。

その後1ヶ月くらい、中学2年にもなる弟が

「自分の部屋では怖くて寝られない」と言って、

親と一緒に寝たくらいなので、

その話は本当だと思います。

それがあってから、2階では変な事が続けておきました。

そして今、私の部屋の窓の近くに

お札が貼ってあります。

何故かは、また今度お話しましょう。

   



怖い話朱い塚-あかいつか-