怖い話朱い塚-あかいつか-

催促

投稿者:紅のプー太郎さん



恐くはないんですけども、なんか

不思議なネタを一つ・・・・・・

知人とこの夫婦が、中々子供が出来ずにいて、

長いこと不妊治療をやってました。

もう歳も歳なんで、諦めようか?とゆう話も出てきたおり、

旦那が仕事帰りに子猫を拾ってきたんですね。

なんでも「駅から帰ってたら、親ネコが車に轢かれたみたいで、

道路に横たわっていて、すぐ横で子猫が鳴いてたから、

思わず抱いてきちゃった」と言われ、子供を諦めかけてたし、

飼う事にしました。

半年ぐらい経過したある日、いつもと違う体調になり、

病院へ行って検査したら、おめでた!!だったんですね。

なんとか臨月を迎えましたけど、予定日を過ぎても

出産の兆候はなく、帝王切開をやるか薬を使うかで迷ってた頃、

子猫がやってきてお腹を鼻でツツきながら、

意味ありげに鳴くんですね。

その時は意味が分からず、他の部屋にネコを行かせて

眠りましたけど、暫くしたら陣痛が始まりました。

無事に可愛らしい女の子が産まれましたけど、

2歳になったある日、何気ない日常の会話で

「ママのお腹に居る時に、○○ちゃん(ネコの名前)が

「早く出ておいでよ!!」と言ったから、産まれたんだよ〜」と

言い出して、お尻のアザを見せるんですね。

あらためて良く見てみたら、小型犬やネコの鼻の形に

ソックリだったそうで、小さいうちは何かしら、

敏感に感じる物があるんでしょうね?。

ちなみに、マセた子供が自宅に居る時は、

よくネコの面倒をみていて、本当の兄弟みたいに

仲良く遊んだりしてますよ。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-