怖い話朱い塚-あかいつか-

非常階段の顔

投稿者:ァッチャンさん



僕は北海道の小学六年生です。

最近あった不思議な話をさせて頂きます。

五年生の時、、やっと新しいクラスにもなれてきた頃、

一人が、「足を引っ張られた!」と言ったのです。

ここの校舎は広くて古いので、

七不思議等が無いのは不思議だと思っていした。

たまにデマな怖い話しか聞かないので、コレも嘘だと思って、

信じてる人たちの相手を軽くして

「はいはい。」という感じでした。

でも一週間半もたったのに、うわさが止まらないのは

不自然だと思い、僕も一人で場所を聞き、

行ってみることにしました。

場所は「北校舎」と呼ばれる暗いところ。 

ここならお化けが出てもおかしくないと思っていましたが、

場所が少し不自然でした。

場所は全部で4,5箇所あって、ほとんどが

「全く使われない非常階段の扉」でした。

ぼくは、一番よく出ると言われる1階へ行きました。

「眺めてると白い女の人の顔が浮かび上がってくる」

というので、所詮目の錯覚か光の屈折だと

思っていましたが、少し真剣に2分ほど見ていると、

確かに浮かび上がってきました。

頭から肩まで浮かび上がった30〜40歳ほどの女性が。

さらに1分睨めっこをしていると、

手までもが浮かび上がってきました。

こっちへ手招きしているようでした。

連れて行かれるわけにはいかないので、

僕は小走りでその場を後にしました。

2ヶ月ほどたった時、どんどん足を

引っ張られたという人が大勢出ました。

先生たちは嘘だ、という感じで

全然相手にしていませんでしたが、

今になっても出てくるらしいです。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-