怖い話朱い塚-あかいつか-

廃線跡で

投稿者:葵さん



友人と廃線跡に行った時の事です。

その廃線は現役時代に、あるトンネルで大事故がありました。

今は別ルートに変更されていますが、

一部のホームやトンネルは残っているとの事ですので、

放置されたホームを見に行きました。

さすがにレールは残ってませんでしたが、

狭いホームや敷石は残っていました。

辺りは静寂に包まれており、非常に静かです。

友人が「近くのトンネルに行こう」と言うので、行くことにしました。

トンネルの前に立つと、真っ暗で非常に不気味に見え、

怖くなりました。

中に入り、少し経った時に人が歩く音が聞こえました。

始めは自分達と同じように 廃線跡を見に来た人が

いるのかな と思っていました。

トンネルを抜けましたが時間の都合上、引き返す事にしました。

再びトンネルに入った所で、まだ足音がしているのに気付きました。

今度は何かを引きずるような音もしています。

しかし、誰ともすれ違う事なくトンネルを抜けました。

その時、背後で何かがぶつかるような音がしました。

振り返ると、白い大きなもやが浮いており、

トンネル上部に消えていきました。

友人も見たと言い、慌てて帰宅しました。

物音や白いもやは何だったのでしょうか?

あれから、廃トンネルがトラウマになりました。

   



怖い話朱い塚-あかいつか-