怖い話朱い塚-あかいつか-

桜の散る頃

投稿者:七子さん



今年も桜が散り始めた。

去年の今頃、彼が死んだ。縊死だった。

ささいなことから大喧嘩をして、連絡をしなくなった私。

その数日後だった。

自分を責めた。

でも起こってしまったことは仕方ない。

忘れようと思った。

彼が死んでから、体調がおかしい。

気分が塞ぎこんでしまう。

精神的なショックから来ているものだろうから

そのうちに治るだろうと思っていたら、日に日に悪くなり、

そのうち死んでしまいたいと思うようになった。

さすがにおかしいと思って霊能者のところへ行った。

「彼が憑いています」

私を恨んでいるらしい。

霊能者の説得に応じて、彼は私から離れた。

でも今も私の部屋にいる。

私に悪い波動を伝えないように気を使いながら・・・・・・。

私を見守っている。

彼のせいで「見える人」になってしまった私。

今年もまた桜が散る。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-