怖い話朱い塚-あかいつか-

犬鳴山トンネルにて

投稿者:紅のプー太郎さん



関西方面へ単身赴任してた知人から、

聞かせてもらった話です。

会社帰りに同僚逹と居酒屋で一杯やってると、

季節柄心霊スポットの話題になり、

「近場で何処か行ってみるべ?」とゆう話になり

「それじゃ犬鳴山トンネルだろ?」とゆう事で、

自宅に居た別な同僚を誘って、現地に向かいました。

そろそろ着こうかとゆう頃、少し古めなデザインの

洋服をきた女性が歩いてるのとスレ違って、

乗せてやろうか?とゆう話になり、

Uターンして探しましたけど、何処にも居なかったんですね。

ほとんど民家もない場所柄だったんですが、

気を取りなおしてトンネルにむかいました。

着いたら徒歩で往復する事になり、1人じゃ恐すぎるんで、

全員歩き出して、片道は何事もなく、トンネルを出ました。

何だかんだ言い合ってると、同僚の1人が

「誰か来てるみたいだけど・・・・・・こんな時間に子供?」

と言い出して、ソッチを見てみると、確かに

小学校の低学年らしい背格好の子供が、コッチに向かって来てました。

辺りは月明かりで、辛うじてどんな感じか

分かる程度の明るさでしたけど、

白いシャツに紺色の半ズボンの子供とゆうのが、

かなり離れた距離で分かり、背中には

何か背負ってるみたいなんですね。

女の事もあり、さすがに洒落にならなくなり、

走って車に戻って逃げ帰ったそうで、ネットで見てみると

目撃した女と子供の霊が現れるのが、有名だそうですよ。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-