怖い話朱い塚-あかいつか-

恵比寿にて

投稿者:ちえぞーさん




私がまだ学生のころ、友達が恵比寿に一人暮らしをしていたんです。

渋谷の隣の駅で、渋谷で飲んだあと歩いていけるので、

とめてもらったりしてたんですが、

いつもとめてもらうので悪いと思い、

朝ごはんでもご馳走しようとコンビニに買い物にいったんです。

(冬の朝六時ぐらいで薄暗い)

T字路を歩いてて突き当りが駐車場だったんですが、

フェンスに付けられた大きな看板と歩道のガードレール(板状の)が

重なって見えたんです。

で、ガードレールの下からジーンズにスニーカーの足が見えたんです。

一瞬(出た!)と思ったんです。

次の瞬間、(駐車場に人がいて看板で体部分がかくれてて

足だけ見えてるんだ。あーびっくりー)

などと思いながらT字路を左に曲がったとき、

今の映像にちょっと違和感を感じたんです。

わかりますか?

もし駐車場にいた人の足ならフェンス越しに見えるはずですよね・・・

そう!

その足はフェンスとガードレールの間にいたということですよね。

確認すれば良かったのですが、怖くて振り向けなくてダッシュで逃げました。

もちろん、帰りはそこを通らないよう帰りました。

あれは錯覚だったのかどうかわかりません。ただ友達にこの話をしたら

「この辺はその手の話が多いから、本物でしょ」とのこと・・

渋谷周辺は意外にゴーストスポットなんだそうです。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-