怖い話朱い塚-あかいつか-

49日

投稿者:無月さん


私の友人Rさんは、数年前に祖母を病気で亡くしました。

とてもおばぁちゃん子だったらしく、悲しんでいたのをよく覚えています。

それから2、3年が経ち、怖い話をしようということで盛り上がり、

Rさんの番になりました。

「あのね?うちのばぁちゃんが亡くなって、まだ49日が終わってない時に、

ばぁちゃんが使ってた部屋の模様替えをしたんだけどね」

そうして始まった彼女の話はこうでした。

部屋の模様替えをしたその日の夜。

その部屋から何やら物音がするんだそうです。

気になって見てみると、まるで泥棒が入ったように荒されているとのこと。

驚きながらも、片付け(これを親に言ったはずなんですが、詳しく覚えてません)

しばらくするとまた散らかっていたり、家具が移動している。

けれど、特別怖いわけでもなく、ばぁちゃんかなと思ったそうです。

そうして最後に彼女が一言

「誰かが亡くなって、49日が終わるまでは、

その人が使ってた部屋の家具とかを

移動させちゃいけないんだって」

私を含め、一緒に話を聞いていた友人数名は

誰一人そのことを知らず、ただ驚くばかり。

やはり亡くなっても、勝手に家具を移動させられたりするのは

嫌なんでしょうか。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-