怖い話朱い塚-あかいつか-

そこに居たのは

投稿者:無月さん




またしてもRさん関連のお話し。

これはMさんに聞いた話なんですが。

私とも仲が良いMさんは、Rさんのおばぁちゃん家

(おばぁちゃんは亡くなっているのですが、

本人はまだそう呼んでいます)でRさんと2人で

ボール遊びをしていたそうです。

その遊びは、その家を挟んでボールの投げあいをするというものでした。

Rさんは庭に。Mさんは家の後ろを通っている小道に立って

遊んでいたそうです。

そのうち、Rさんが投げたボールは道まで届かず、

家と道路を仕切っている、

塀の向こう側に落ちてしまったそうです。

仕方なしにMさんが取りに行くと、家の中に白い服を着た

Rさんのおばぁちゃんが…。

けれど、拾う一瞬に見えただけだったので、

「洗濯物か何か?」と思って顔を上げると、

やはりそこにはおばぁちゃんが立って居たんだそうです。

MさんもRさんのおばぁちゃんが亡くなっているのは知っていますし、

最初は驚いたそうなんですが、

怖くなかったので気にも留めず、そのまま遊びを再開したそうです。

おばぁちゃんは、優しい笑顔で見ていたそうです。

Rさん曰く、よく見るんだとか。

縁側でRさんを見つめるおばぁちゃんを見たり、名前を呼ばれたりしたそうです。

Rさんはおばぁちゃん子なので、怖がるどころか

嬉しそうに話してくれました。

きっとおばぁちゃんも、そんなRさんが可愛くて出て来るんでしょうね。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-