怖い話朱い塚-あかいつか-

足音

投稿者:ちーちゃんさん




これは私が体験した話なのですが、あんまり怖くは無いかも・・・。

私が小学生(高学年)の時に、隣の家のおじいちゃんが亡くなりました。

隣の家のおじいちゃんは、毎日のように家に遊びに来ていました。

家の庭は一面に砂利がしきつめてあり、

おじいちゃんはゴム製の草履をはいていたので、

おじいちゃんの足音は特徴的でした。

おじいちゃんが亡くなった次の日の夜−午前2時ごろでしたが、

急に目が覚めてしまいました。

目は冴えているのに体が動きません。

すると、足音が聞こえてくるんです。

砂利をするような特徴的な隣のおじいちゃんの足音なんです。

その足音は玄関まで来るとピタッと止み、私はすっと眠りにつきます。

その足音は毎晩同じ時間帯に聞こえ、それが49日間続きました。

不思議と怖くはありませんでした。

後から聞いたのですが、私がふっと目を覚ますその時間が、

おじいちゃんが息をひきとった時間らしいのです・・・。



   



怖い話朱い塚-あかいつか-