怖い話朱い塚-あかいつか-

おじさん

投稿者:無月さん




前に書いた仏間の話です。

その日、私の祖父と母が洗濯物をたたんでいたそうなんですが

(私の祖父は料理以外の家事をほとんどこなします;)

その場に居た私は、廊下を隔てた障子の上をじっと見ていたそうです。

「どうしたの?無月」

と母親が尋ねると、私はいきなり泣き叫びだしたそうです。

突然のことに驚き、ねずみでもいたのかと(そんなばかな)障子を開けて

玄関に通じる廊下を覗き込んだそうです。

けれど、何も無い。

何だったんだろう、と落ち着いてきた私に尋ねると

「知らないおじちゃんが上から見てた」

と云ったそうです。

記憶にはない初霊体験(多分)…覚えてなくて良かったぁとしみじみ思います。

ちなみにその廊下の上(つまり障子の上)には、

今は物置と化した父親の部屋があり(しかも窓がある)、

今はこのパソコンの隣にある(!)仏壇が置いてありました。

小さい頃はそこにある窓が開いていると、怖かったです。

…未だに開きっぱなしですが(荷物で閉められない!)



   



怖い話朱い塚-あかいつか-