怖い話朱い塚-あかいつか-

影の児

投稿者:参堂 螢都さん




これは、私が一人で留守番をしていたとき、実際に起こった話です。

その時、家には私と妹以外、誰もいなくて暇だったので妹はテレビを、

私は家の周りをジョギング(?)していました。

何分くらい経ったでしょうか。

私がちょうど玄関に差し掛かった時、なにげなく扉の方を見たのです。

扉越しに、おかっぱの子供が見えました。

先ほど書いた通り、家には私と妹しかいないので

私は妹かと思ったのです。

すると、その妹らしき人影がしゃべりました。

「あけろ。」

大体、その口調からもわかるとおり、それは妹ではありませんでした。

そして何より、声が中年の男のような声だったのです。

私は恐くなり、お勝手にまわるとちょうどそこにいた妹に言いました。

螢都「さっき玄関行った?」

妹「行くわけないじゃん。」

あの人影はいったいなんだったのでしょうか。

私の家には他にもいろいろ恐い話があるのですが、

それはまた後日・・・・・・・・・



   



怖い話朱い塚-あかいつか-