怖い話朱い塚-あかいつか-

連れていきたかったのに

投稿者:おっとっと!さん




今から、4〜5年ほど前に伯母(母の姉)が

高床の居間から土間へ落ちて足を骨折、

しばらく入院ということになりました。

昔の農家の造りなので、土間が約10畳ほどあり、

土間から1M位の高さのところに

居間への上がり口があります。

結構な高さです。

伯母が入院する少し前、伯母の伯母(母の伯母でもあります)

が亡くなり、お葬式に参列するために、

母も帰省し別の伯母宅に泊まってました。

母はいつも手に数珠をしているのですが、

明け方近く5時位に、その数珠が切れる夢を見たと、

すでに起きていたもう一人の伯母に話をしたそうです。

気にはなるけれど、時間も早いということで一度は寝たそうですが、

やっぱり気になるので伯母宅に電話をしたんです。

何度鳴らしても誰もでない。

一度切って再度かけ直したときにやっと伯母が出て、

足が変なほうに向いていると話をしたようで、

それからあわてて伯母宅に向かって病院に連れて行って、

そのまま入院となったわけです。

ここまでは普通に足を滑らせて落ちたんだな〜で終わるのですが。

伯母が入院して2〜3日後に、伯母の夢に亡くなった伯母さんが出てきて

「連れて行こうと思って、突き飛ばした」と言われたと母に話し、

”「まだそっちにはいかんけん、一人で行きなっせ」とも言った”

と話たそうです。

伯母曰く、「あん時(落ちた時)後ろから背中を押されたもんな〜。

一度落ちた後、居間に上がって、もう一度押されたもんな〜」

と話しをしたそうです。

土間はコンクリで固めているので落ち方が悪ければ

確実に死んでます。

今では元気に歩いて回ってますが、

この伯母にはいろいろあります。

ほんとになんでそんなに見るのってくらいに・・・・・

その話はまたいつか・・・・・



   



朱い塚-あかいつか-