怖い話朱い塚-あかいつか-

恐怖のお店3

投稿者:マスターさん




前回、私の友達が誰もいないバイト先の事務所で扉を揺らされ、

後日肩をも揺らされる恐怖の体験をしてから二ヶ月、、、、

とうとうその行為をしたと思われる人物と対面してしまった話を

投稿してもいいよとのお許しをもらえたので

紹介したいと思います。

「どんな奴だった?」とゆう私の問いかけに彼はう〜んと腕を組み、

「男なのか女なのか、それとも若いのか老人なのかすら

分からんかった!」と言うのです。

?????

詳しく聞いてみると・・・・

二ヶ月の時の流れに恐怖感が薄れた彼はまたもや

バイト先の事務所でゲームに興じていました。

どのくらい時間が過ぎたのでしょう、彼は後頭部に

わずかな暖かみを感じたそうです。

「それってどんな感じの暖かさなの?」とゆう私に彼は、

「手のひらをほっぺたぎりぎりの所まで持ってきた感じ!」

と言っておりました。

ゲームに集中はしていた彼ですがその暖かみを感じ取った時、

ふと振り向いたそうです。

とてもおおきな顔!そう、、信じられないくらい大きな顔が

くっつかんばかりの近さにあったそうです!

あまりにも近すぎて男か女か、若いのか老人なのか分からなかったそうです。

ただ、「ものすごい笑顔だった!満面の笑顔だった!」と

彼は言っておりました。

突然の出来事に一瞬ふっと目の前が白くなったらしいのですが

なんとか持ちこたなければっ!!と思った時、

ものすごい笑顔はもうそこにはなかたそうです。

そしてほどなくして彼はそこのバイトを辞めました。

このビルでの奇怪な出来事は現在進行形で

まだまだ続いております。

そしてこのビルの本当の顔を知らない人が

今日も引っ越して来ます、微妙に安い家賃に釣られ・・

引っ越してくるとゆう事は出て行く人も多いわけで・・

なんて回転率のいいビルなんでしょ!

大家さんの指にまた一つ金色の指輪が

増えているんだろうな・・と思う秋の夜です。


   



怖い話朱い塚-あかいつか-