怖い話朱い塚-あかいつか-

裏道

投稿者:Tamさん



こんばんは、深夜のドライブで怖い思いをした方も多いと思いますが、

私にもそんな経験があります。

私は、裏道や抜け道を探すのが好きで、その日も新しい裏道を探すべく、

路地へ路地へとハンドルを切っていました。

仕事にちょっと手間取り、時計は夜10時を回っていました。

「もう少しで、自宅側からの裏道とつながる。

ちょっと(かなり)細い道だけど、今日はここを通って見よう。」

田圃の中の農道です。

道はやがてさらに細く、舗装もなくなり、完全にあぜ道となり、

そして轍さえも雑草に覆い隠されてしまいました。

「う〜む。今日はこれまでか。またしても失敗。」

やむを得ず、車を止めました。まわりは田圃、開けています。

真っ暗ですが何の恐怖心もありませんでした。

この時までは。

私が車をバックさせようとした時、後方から

「無灯火」の車がゆっくりと近づいて来るのに気づきました。

!?おかしいのです。

それは、これだけの悪路の中で全く揺れずに、

水平に移動するように近づいて来るのです。

まるで質感が無いのです。

おまけにすぐ近くまで近づいた「それ」には、人が乗っていないようです。

テールランプがかすかに届く「それ」の運転席に、人が見えないのです。

この時点で、すでにかなり動揺していた私は、

前方に民家の灯りを認めました。

ちょっとした悪路を登った先に、救いの様な民家の灯り。

そして本物の恐怖心に襲われました。

「さっきまで、そんなの無かったよな!?」

刹那、私は車を後ろへ下げました。

近づくその車。

しかし遠近法を無視するような感覚です。

その時、背後の車の中央から光が広がり...その背後に人影が...

人でした。

ちょっと怒った顔をしたおじさん。

直感で「人」と感じました。

懐中電灯を持って、車の横に来ました。

「こんなところで何してる!」

「すみません。抜け道を探してて、つい...(かなり安堵)」

「おまえみたいな馬鹿が、この先の崖に、

今月だけでもう3台も落ちてる。

おまえも怪我したくなかったら、くだらん事してんじゃない。

変な事してると警察呼ぶぞ!!」


...もう民家も車もありませんでした。

その先は、何も無く、人の背丈ほどの段差になっていました。

それ以来、私は...相も変わらず抜け道探しをやめられません。(日中のみ)


   



怖い話朱い塚-あかいつか-